【基本原則-2】人は外部コントロールを嫌う。行動は自分のもの|しなやか自分軸・対話 基本5原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
基本原則2|人は外部コントロールを嫌う

しなやか自分軸・対話 基本原則の詳細説明です。
順を追って説明をしていきますね。

この記事では、

しなやか自分軸・対話の基本5原則の【2】
人は外部コントロールを嫌う

を解説していきます。

 

人は外部コントロールを嫌う

  • 人は外部コントロールを嫌う
  • 行動は自分のもの
  • 行動はいつも自分が選んでいる

これは基本です。

 

こうやって人は、生きているからです。

いつでも行動の選択をしているのは、自分自身である

起きる、食べる、歩く、寝る
働く、遊ぶ、スマホを見る
SNSをするもしないも
行動はいつも、自分が選んでいます。

 

何かの目的を持ち、
何かの欲求があり、
何かを思考して行動している。

行動するから感情がわき、
脈が速くなったり汗をかいたりする。

 

この図のように

川西式行動モデル

 

感情は先に立てない

「感情が先に立つ」ということは無いのです。

感情は、何かを見るとか何かを聞く、ということを自分がした、その結果湧いてきます。
(【基本原則-1】人は見たいもしか見ない、聞きたいものしか聞かない)

例えそれが「自ら納得しない行動」であってもです。

 

例えば、
人から言われたことをして
言われたことをしようと決めたのは自分

している行動が
自分の意に沿わないとしても
やはり行動は、自分が選んでいます。

 

行動はいつも自分で選んでいる。
(ただし病気の場合もありますよ)

 

例えば、
痩せたいと言いながらも食べる

なぜ痩せたいと言いながら
食べるのか!?

食べると満たされるものがあるからです。

  • 空腹
  • ストレス発散
  • 人との繋がり
  • 安心感をもってもらえる
  • 太っている方が都合がいい
  • 何か言い訳になる
  • 腹いせになる

 

例えば、
したくないと言いながら、仕事をしている

なぜしたくないと言いながら
仕事をしているのか?

仕事をすると満たされるものがあるからです。

  • 収入
  • 献身
  • 地位
  • 繋がり
  • 嫌いやのほうが都合がいい
  • 同情してもらえる
  • それ以上頼まれない
  • 仕事の価値を高める

 

例えそれが、
行動しないという選択であっても
行動しないことに、目的があるんです。

 

それは他者からみると
意味不明なことでも
反抗的な態度かもしれないけれど
行動はその人のものなんです。

 

上辺の目的・本来の目的

人は無意識に反応して
日々を過ごしていることが多いので
上辺の目的を達成するために行動し
本来の目的を見失っていることもあります。

それでも行動は自分で選んでいます。
でも無意識に反応して行動いることが、多いのです。

 

川西式メンタル氷山モデル

 

そういったことから、

  • 本当の欲求が何なのか?
  • 何を望んでいるのか?
  • 何がもっとも大切な価値観なのか?

に氣がつきにくいのです。

 

無意識の選択や行動に関連している「欲求」や「価値観」だからこそ気づきにくい

欲求とは何か?!
価値観とは何か?!

を知っても自分の腑に落ちにくい時は、
自らの人生や日々に
どう関連しているのか分からない場合が多いのです。

 

欲求や価値観を知るために、自らの日々に落とし込んでいくことで、
本来の欲求や、大切にしたい価値観に気づくことができます。

 

無意識を意識化する「軸対話」

  • 人は外部コントロールを嫌う
  • 行動は自分のもの
  • 行動はいつも自分が選んでいる

この『行動モデル』
そりゃそうだと納得しながらも、納得しにくいことだったりします。

それを日々に落としこんでいく為に、軸対話があります。
そして、実践していく過程で自分軸が明確になます。

私と研究員という仲間と共に、自らの日々に「軸対話」を、落とし込んでいきませんか?

 

基本原則詳細記事

 

Loading お気に入りに追加する

 

 

Loading お気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントする

avatar